ニュージーランドウエディングサービス 2017年に30周年を迎えました

30周年を記念して2017年度にお申込みいただきましたカップルにささやかなプレゼントをご用意いたしました。
2017年度(1月1日から12月31日)に挙式をお申込みいただきましたカップルにプレゼントいたします。
挙式は2018年度でも有効です。

30th_topbanner_jan17

30周年を記念して、2017年度にお申込みいただきましたカップルにささやかなプレゼントをご用意いたしました。

30th_banner01_jan17

NZWSオリジナルワイングラスマーカー(ピアスとして使用可能)

ニュージーランドでガラス、ジュエリーアーティストとして活躍されている STUDIO A & Co. さんへ当社オリジナルデザインのワイングラスマーカー(ピアスとして使用可能)の制作をお願いしました。お二人の門出を祝い「対(つい)」を意識した作品です。片方にはうっすらと他の色の混じったオリジナリティーに富んだデザイン、留め金部分は高品質のシルバーが使用されていますのでピアスとしてもお使いしていただけます。末長くお二人のお幸せを演出できるプレゼントとなっています。

30th_banner02_jan17

作者より:小さなガラス玉にニュージーランドの砂をのせ、さらに透き通った水色のガラスをスパイラル状に巻きつけて制作しました。このガラス玉にお二人のベース、ニュージーランドの砂が挙式の想い出、そしてこれから何層もの想い出が年輪のように増えていきますように、と想いを込めました。
Glass Jewelry Artist / Eiko Kawaguchi

西洋のトラディショナル・ロマンチックウエディング Something Four~花嫁が身につけるアイテム~
ホースシューとガーターベルト無料レンタル

30th_banner03_jan17

30周年の節目にあたる2017年は、その基本を大切に西洋のトラディショナルでロマンチックなウエディングをテーマにしていきたいと思います。

ニュージーランドでは花嫁が結婚当日に身に着けると幸せが永遠に続くという、 Something Fourという西洋のおまじないが言い伝えられています。

Something Old(古いもの)
Something New(新しいもの)
Something Borrowed(借りたもの)
Something Blue(青いもの)の4つのアイテムです。

特にその中で、忠誠と愛情を表す Something Blue にちなんでブルーをあしらったガーターベルトとホースシューを無料レンタルいたします。ホースシューにはベールと同様に魔除けの意味があり、お二人を困難から守ってれるという言い伝えがあります。

ニュージーランドの大自然と、西洋のトラディショナルな様式の挙式を体感ください。30周年の節目となります2017年は、創業当初の基本に立ちかえり、これからも沢山のカップルを祝福したいと思います。

2017年度(1月1日から12月31日)に挙式をお申込みいただきましたカップルにプレゼントいたします。挙式は2018年度でも有効です。

30th_side01_jan17
トラディショナル、イングリッシュウエデイングからスタートしました。

ニュージーランドウエディングサービスは1987年、パシフィックツアーウエイズの子会社として、発足いたしました。 創立者のシェリル ジョンソンは、トラディショナル、イングリッシュウエデイングをモットーに、ニュージーランドでは初めての日本人カップルのための海外挙式をスタートいたしました。

30th_side02_jan17
STUDIO A & Co. ガラス、ジュエリー、クラフトショップ

2011年、クライストチャーチ郊外にSTUDIO A & Co. ガラス、ジュエリー、クラフトショップを設立、バーナーワークという技法で、色々なサイズの試験管を用いてガラスを吹いたり、ガラス棒を使って、とんぼ玉を制作しています。

工房はニュージーランド南島、クライストチャーチ郊外に位置しています。お近くにお寄りの際は是非お立ち寄りください。水曜日から日曜日、10時から4時の営業しています。

Something Four
30th_side04_jan17

Something Blue(青いもの)にちなんだ青いガーターベルト

30th_side05_jan17

Something borrowed (借りたもの)レンタルホースシュー

ニュージーランド挙式で現地に直接お申込みいただくメリットとは